Q. 01 私にもソーラーシェアリングはできますか?

始めよう、農業×エネルギー!/ソーラーシェアリング導入Q&A(1)

ソーラーシェアリング、やってみたいけど…… 何から、どう手を付けたらいいか分からない。 農作業のこと、発電設備のこと、お金のこと、 疑問はどんどん湧いてきます。 でも、ご安心ください。 ソーラーシェアリング導入の疑問に答えます!

A.

ソーラーシェアリングは、農地に関わるいろいろな人が取り組むことのできる事業です。①「農家さん(地主)が自分の土地で耕作しながら発電事業も行う」というのが標準的なパターンですが、それだけではありません。②「地主、耕作者、発電事業者が、それぞれ別の人」という場合もあるし、③「農家さん(地主)が自分で耕作しているが、発電事業は別の人が行う」、④「地主は土地を貸しているだけで、耕作と発電事業は別の人が行う」、⑤「地主が発電事業を行うが、耕作は他の人が行う」ということもあります。

それぞれのパターンの特徴は……

①:手続きが比較的ラクで、金融機関からの融資も受けやすい。農業委員会の許可も得やすい。

②:大規模なソーラーシェアリングに多い。たくさんの人が関わるので地域活性化に結びつく。

③:発電事業をやりたい人と協力して、発電設備の地代を得ながら営農できる。

④:土地がなくてもソーラーシェアリングに本格参入できる。耕作者と発電事業者は法人である場合が多い。

⑤:農地の有効活用をしたいと考える地主さんに最適。農地を守りながら収益アップを実現できる。

 

監修 馬上丈司
illustration: Tomoyuki Okamoto text: Kiminori Hiromachi

 

(「アースジャーナルvo.5」より転載 ※一部再編集)

あわせて読みたい