ビニールハウスでのソーラーシェアリング施工例も WWBの山梨太陽光試験場が開設

一般一戸建て住宅の太陽光発電システムをはじめ、一般企業や企業集合住宅、さらにメガソーラー大型太陽光発電プロジェクトにいたるまで、幅広く利用される太陽電池モジュール「Maxar【マクサ】®」でおなじみのWWBは、この度、山梨県に独自の試験場を開設した。

同試験場では、ビニールハウスへ設置事例や、壁面設置や陸屋根設置の展示紹介だけでなく施工体験も可能、また座学研修が可能な研修棟も完備され、導入を検討する企業や個人などの利用を見込んでいるという(施工体験、座学研修ともに要予約)。

 

同社の軽量モジュール「Maxar LIGHT」は、軽量なだけでなく曲面への設置が可能なため、ビニールハウスを活用したソーラーシェアリングに期待がかかる。その実力を知るには、うってつけの施設だと言えよう。

なお、当サイトでは、同試験場を取材予定、詳細について追って紹介する。

 

 

[WWB Solar 山梨太陽光試験場]

住所:〒400-0211 山梨県南アルプス市上今諏訪850-1

山梨県木材製品流通センター協同組合『木の国サイト』 有限会社ヤマナカ産業 内

営業時間:8:00〜17:00

休日:土曜、日曜、祝祭日